本当に価値ある買い物を

マンションを購入しようという方は最近減りつつあると言われていますが、それでも自分の住まいを購入することが人生の大きなテーマと位置付けている人も少なからずいるもの。一方で、最近では一戸建てを敬遠し、あえて最初からマンションを選ぼうという人も多いものです。マンションのほうが値段的に手ごろというのが大きいのでしょうが、ほかにも将来的に引っ越すことを考えている、資産運用にも使おうと思っているなど、人によってその理由はさまざまでしょう。
もう一つ、マンションを選ぶ際に気がかりなのは新築か中古にするかということです。値段的にはお手ごろな価格で買える中古マンションになりますが、新築マンションでないと受け付けない、中古は嫌だという人もいるものでしょう。最近の中古マンションは随分と質が上がっていると言われていますが、単純にその人の好みや気分まではなかなか変えられるものではありません。しかし、だからと言って問答無用で新築マンションにしたほうがいいと言えるのでしょうか。新築マンションを探す際にどういうことを確認すべきか、中古マンションと比較してそのデメリットは何かというのを知っておかないと、あとになって別のマンションのほうがよかったと思うこともあります。

では、実際問題として新築マンションのどういったところに気をつけるべきでしょうか。中古マンションと違い、以前に人が使っていたということはないのですから、購入する際に確認すべきハードルは中古マンションのそれより低いような気がします。確かに、部屋の隅っこに汚れや傷がないかとか、設備の一部が壊れていないかとか、そういう心配はすることがありません。
しかし、だからと言って確認すべきことが少なくて済むと考えたのなら、大きな誤解というものでしょう。むしろ新築マンションだからこそ確認すべきこと、注意すべきことと言うのはあります。たとえば購入してから住むまでの流れ。中古マンションであればすでに物件があるのですから、購入して手続きを済ませればすぐに自分のものとなり、即入居も可能です。しかし、新築マンションの場合、大抵は青田売りのケースになっています。要するにまだ完成前の時点で販売し、完成してからはじめて引越しをして入居が可能になるということ。ここをよく考えておかないと、完成時期が遅れて元の住居の契約が終わって放り出され、一時的ながら露頭をさまようことに、ということもあるかもしれません。今のは極端な例ですが、よく考えないといけないというのは事実でしょう。
管理状態や周辺の住民、お店の充実度など、ほかにも色々と気になることはあり、なかには実際にマンションが完成して、ふたを開けてみないことにはわからないというのもあるのです。新築マンションだから失敗しない、すべて新品で使い勝手がいいと決めつけることなく、一つひとつをしっかりと確認していくことが重要だと思います。